授乳中や妊娠時に置き換えダイエットをする危険性

授乳中や妊娠時に置き換えダイエットをする危険性

 

置き換えダイエットは誰でも簡単に取り組むことができるダイエット法として、女性を中心に人気となっています。
1日の食事のうちどれか1食を置き換えたり、1日から3日間の食事を取らず酵素ドリンクなどに置き換えたりするやり方が基本です。

 

酵素ドリンクは健康食品のひとつですので、授乳中や妊娠時でも安心、といった情報も出回っていますが、実際は危険性もあります。

 

授乳中や妊娠時には普段よりも多くのカロリーを必要としています。
置き換えダイエットでカロリーや栄養素を制限してしまうと、お腹の赤ちゃんの成長のために必要な充分なエネルギーが供給できません。
授乳中もエネルギーが必要です。

 

母乳を作りだすには多くの血液が必要となってきます。
エネルギー不足になると母乳の出が悪くなるだけでなく、お母さんの体調も悪くなってしまいます。

 

産後は特に体力がいりますので、しっかりと食べて乗り越えなければいけません。
授乳中や妊娠時には無理なダイエットは行わず、酵素ドリンクなどを取り入れる場合も置き換えなどはせずに、軽めの朝食とともにメニューに取り入れるようにするといいでしょう。
栄養バランスの優れた食事を取るように心がけるようにしましょう。

葉酸サプリ